23・24卒就活生必見!「大手に内定できる」ガクチカの構成と書き方のコツを紹介

スポンサーリンク
目次

この記事がおすすめな人

  • ガクチカの書き方がわからない
  • 効率的に短時間でガクチカを作りたい
  • ESの通過率を上げたい

知ってると通過率が上がる志望動機の書き方を紹介します!

この記事を作成するにあたって…

大手企業を志望する現役就活生3人、実際に外資のコンサルで働く現役社会人2人から意見を頂きました!

皆さんの代表的な通過企業

テレビ局:フジテレビ、東京テレビ、毎日放送、CBC、NHK…

コンサル:アクセンチュア、デロイト、KPMG、PwC、アビーム、ベイカレント …

IT:NTTデータ、NRI、IBM、salesforce、HPE、VMware…

メーカー:富士フイルム、三菱電機、ユニチャーム、オリンパス…

この他にも海運や通信、金融などなど幅広い業界から通過していますが

紹介するときりがないので掲載は一部にします。

ガクチカは比較的どの企業でも聞かれる頻出質問です。

ESにおいても評価ポイントとして大きな比重を占めるので、ガクチカの完成度を上げることは

通過率を上げる上でも大きなポイントとなります!

それでは早速ガクチカの書き方について見ていきましょう

ガクチカの書き方

STEP
結論

○○に取り組みました

取り組んだことを簡潔に述べる。5W1Hを意識して書くとわかりやすい

STEP
課題、取り組んだ理由

どのような課題があったのか、なぜそれを課題と捉えたのか、

そしてなぜその課題解消のために行動しようと思ったのかという理由まで述べられると良いです

STEP
課題に向けた施策、解決策

課題をどうやって解消したのかを書く。

複数ある場合は1つ目は〜、というようにナンバリングする。

STEP
取り組みの結果(余裕があれば学んだこと)

施策の結果、状況がどのように好転したのかを書く。

数字で表せる成果があれば、書くとより説得力が増す

学んだことは文字数に余裕があれば書く程度で問題ありません

(※学んだことを設問で問われている場合は書きましょう。)

施策や施策を行なった背景などプロセス重視の方が通過率は◎

ポイント

Exclamation point on white circle label shapes hanging from red ribbon over pink background, Horizontal composition. Alertness concept.
  • 文字数の9割以上を目指す

→文字数が少ないものはその時点で落とすと某大手企業の人事が話してました。

  • 200字、300字、400字のテンプレを作る
  • 書いたら友達、大人に添削してもらう
  • 個人、チームでの経験それぞれ用意する

→それぞれに複数のエピソードがあると面接でも困りません

以上を踏まえて書いた結果、通過率9割を超えたESの具体例

400字の場合

大学生活のオンライン化により、悩みを抱える学生が増えた事に問題意識を感じ、webメディアを立ち上げた。影響力のあるwebでの情報発信によって多くの悩みを解消することを目標とした為、活動達成の指標として月間アクセス数1万を突破する目標を立てた。しかし、当初は毎日記事を更新していたが受け手目線での情報発信ができず、アクセス数が伸び悩んだ。そこで(1)アンケートに基づく記事構成(2)受け手目線での情報発信を行った。(1)は更新頻度が5日に1度と下がったが、アンケートで得た情報を軸に記事の構成を考える事で1記事あたりの情報量が1500字程増え、質の高い情報を継続して発信できるようになった。(2)は実際に検索された結果を元に記事の内容・見出しの改善を続ける事で届けたい人に届けたい情報を伝えられるように工夫した。結果アクセス数が1万を超えただけでなく、感謝のメールが多数届くなど、多くの悩みを解消できた。

語尾をですますにするか言い切りにするかは文字数によって変えてました

ガクチカを書く時にあると便利なツール

word

マイクロソフトのサービスで、文字数を確認しながら書けるので便利です。

ファイルごとに保存できるため企業ごとにESをまとめたりと管理がしやすいです!

メモ機能

iPhoneに基本機能を搭載されているサービスです。

外出先、移動時間でも気軽に利用できるので空き時間にESを書きたい人には特にオススメ!

終わりに

一度ガクチカを完成させてしまえば、様々な企業で使い回すことができ就職活動を効率的に進めることができます!

フレームワークに落とし込み効率的にESを量産し、書いたものを添削することで質を高めていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる